給付金10万円の申請

特別定額給付金が一人につき10万円支給されることになりました。日々情報はアップデートされる状況ではありますがぜひ給付を受けて効果的に使ってください。

<参考>情報は総務省のサイトで入手できます。
 https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

10万円もらえるのは誰?

給付対象者は、2020年(令和2年)4月27日現在、住民基本台帳に記録されている方で、原則世帯主の方が代表して受取る形となります。

なお、発表された当初は配偶者の暴力を受けている方が受け取れないという問題がありましたが、そういった方々へも支給されるように変更されています。

どうやってもらう?

申請書が送られてきますので、郵送で申請するかマイナンバーカードを使ってオンライン申請することになります。3ヶ月と決まっていますので、早めに手続きしましょう。

(1) 郵送の申請で返送する書類は以下の3点です。   

  • 振込先口座を記入した申請書   
  • 振込先口座の確認書類
  • 本人確認書類の写し

(2)オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)は、オンラインで申請がすべて完結するようにできています。  

  • マイナポータルから振込先口座を入力  
  • 振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)

マイナポータルへは、ICカードリーダライタを使ってログインする方法と、2次元バーコードを使ってログインする方法があります。マイナンバーカードはネットから申請が可能ですぐにできますが、受け取りは市区町村役場に事前予約をした日時に指定された窓口に行き対面で引き取らなければなりません。人の接触を減らさなければいけない状況ですし、窓口は現在、生活資金支援の申請などで非常に混雑している可能性があります。

10万円どう使う?もらわない?

基本的には受け取って使うことが大原則です。

受け取って使う

飲食や新しい洋服や電化製品などの「消費」に使ってください。

中には今回のコロナの影響で収入が減った方もいらっしゃるかもしれません。10万円で不足した収入を補ってください。足りないもの、本来買おうと思っていたもの、生活を維持するために必要なものをどんどん買ってください。

今は不足しているものがない方も、貯めこまずに使いましょう!消費して、日本経済を元気にしましょう。

私は普段お世話になっている飲食店と、寄付を行っている団体へ一時金で寄付をする予定です。飲食店が大変な状況であることは多くの報道でなされているとおりです。また、寄付で活動している団体も寄付がストップすることで活動を継続することが大変になっています。どのような状況下でも、寄付によって助けられている方がいることも忘れないようにしたいものです。

借金で苦しい方はまずは返済を!

まず、現在カードローンなどの借金がある方はその「返済」に充ててください。消費より先に借金返済です。

計画的な返済計画がある住宅ローンや事業ローンを借りている方は、収入が途絶えていなければ、消費に回しても問題ありません。

受け取らないのがかっこいいという方

申請ベースですから、受け取らないという選択をしても問題はありません。しかし、ぜひ受け取っていただき使ってください。ぜひかっこよく使ってください!

消費をしていただいた方が本来の目的の一つである「経済活性化」は果たすことができます。

注意点は2つ

詐欺にお気をつけください

必ず詐欺が発生します。すでに詐欺が発生しているという情報あります。自分自身が気をつけることはもちろん、親御さんなど、周りの人が被害に遭われないように声を掛けてあげてください。

申請書の見本は総務省のホームページにありますので、受け取ったものと違いがないかをよく確認しましょう。
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

貯蓄や投資にしてはいけません!

今回の10万円は株や投資信託など投資に回してはいけませんし、貯金もしないでいいものです。貯金は今回のお金を使って、その後の生活で余裕を作ってからすればよいのです。

今回のお金でみなさんが投資をしても経済の価値は高まっていきません。経済が大きくならない限り投資をしても意味がありません。逆に、今回の給付金をみなさまが使えば、相手には「売上」が入り、様々な支払いをすることができ、会社の価値も上がります。
そうすることで、これまでお持ちの投資信託や株式の価値も上がってきます。投資に回してしまうと、金融業者の手数料収入にはなりますが、その先どうなるかはわかりません。

「ありがとう」と声に出してお金を使う

これまでも私自身、ITバブル、リーマンショックと経験してきました。リーマンショックの時は、給料が出なくなり転職するということも経験しました。その渦中にいるときは混乱する世の中にどうして良いかわからなくなることもあります。

しかし、人がいる限り、必ず「経済」は存在し続けるものです。言い換えれば、食べるもの買いますよね?その買うためのお金はどこから来たのか、支払ったお金はどこに行くのか?すべてがゼロになってしまうことなどありえないのです。

お金使えば、その先に売上が上がります。その先の会社、団体、産業を元気にすることができます。雇用を維持しさらには創出することができます。お金使ったら受け取った人は感謝します。「お金は感謝のしるし」なのです。

どうか、皆さん「ありがとう」と声に出してお金を使ってみてください。もらえる10万円が自分の心も、周囲の気持ちも穏やかにしてくれるツールになるはずです。

10万円も急にもらえるのは、うれしいですよね。せっかくですので、自分と世の中の役に立てるようにぜひ使ってください。

未曾有の事態ではありますが、外出は控えつつ、可能な限り人生を楽しみましょう。アフターコロナの時代、新しい当たり前がたくさん増えているはずです。その時に備えて、今できることをしていきたいですね。