投資は仕組み化できるけれど筋トレは自分でやるしかない

 2020年。新型コロナウイルス感染症が流行した今年だから起こった変化、新しく始めたこと。YouTube見ながらする筋トレです。コツコツ長期で投資を続けることと比べると、自分で動かなければならない筋トレは自分の強い意思が必要なので大変でした。

外出の機会が減り筋力は落ちる

 スマホでいつも歩数をチェックしていますが、緊急事態宣言で外出の機会は激減したので歩数はそれまでの5分の1くらいになりました。意識してあげようとしても行く場所がないと難しい。東京で公共交通機関を利用していると、意識せずとも一日1万歩前後は歩いているので、これがなくなると補わないといけません。歩けば心肺機能も、足腰も鍛えられていたようで、自粛生活が始まって筋力の低下が気になるようになってきました。

女性でもできるYouTubeでトレーニング

 家の中でスペースも取らずにできるトレーニングはあるか。もともと、動画で情報収集というのはあまりやったことがなかったのですが、YouTubeを見てみると、自宅でできるトレーニング動画というのがありました。最初は家で女子がやるイメージに取り憑かれ、ヨガの動画をいくつかやってみたのですが、もう少し筋肉を動かしている感覚が欲しくなり、筋トレ動画を検索してみました。

毎日コツコツ続けること

 毎日やってみたところ、お気に入りの先生が見つかったり、間食の作り方なども参考にしてみたりして、段々とハマっていきました。トレーニングして疲れてしまわないようにBCAAやEAAといったアミノ酸を摂ると良いとか、今までとは違った世界が広がります。

新しいことにチャレンジすること

 こんな時代だからこそ、新しいことにチャレンジすることができました。今まであればジムに入会していたところを、自分でなんとかやってみるというところに行き着きました。やっているうちに、わからないところが出てきて、聞けるトレーナーさんを探したりという行動にも移っていきました。知らなかった筋肉の名前や体の構造などにも関心が向きました。せっかく今までと同じようには生活できないので、時間の使い方を変えて、知らない世界にチャレンジしてみるのは悪くないですね。

トレーニングを通して投資を始めた時の気持ちを思い出す

 知らなかったことにチャレンジしてみると、個別株や運用会社のお話を聞いてから投資信託を買ったときのことを思い出しました。新聞やニュースの見方が変わり、経済的なことに関心が向くようになりましたし、その企業の商品を「株主」「投資家」という視点から見るようになりました。どういったお客様に向けてサービスをしているのか、どういう世の中にしようとしているのか?人の関わりがあって、ものが作られる、サービスが提供される、そのために多くの人の努力があるのだということを、感じられるようになりました。


 投資は筋トレと違って、勝手にコツコツやっておいてくれるので、忙しかったり他のことに関心が向くと、おろそかになってしまいますが、筋トレはおろそかにすると途端に元通りに、元通りで済めば良いですが、始める前よりもっと下がってしまう可能性もあります。大変ですが、家でもできるというのは大きいので、コツコツ続けてみます。