資産形成【30代】スタート3ステップ

 30代に入ると、社会人としても安定し、収入と支出の程度がわかってくる時期です。転職や独立をした方、これから考える方もいらっしゃるでしょう。人それぞれ人生の選択が異なり、将来が不安になったり、支出がかさみ、みんなはお金をどうやって貯めているの?などと思う時期。転職や働き方を考えたり、シングルの人は結婚をするかしないか、結婚している人は子供の教育など将来はまだまだ見えないことばかりです。30代はこんな時期だからこそ、資産形成始めるにはどうしたらいいのか考えてみましょう。

【ステップ1:キャッシュフロー表の作成で今後の見通しを立てる】

 現在の収入と支出の状況、これからのライフプランとそれに掛かる費用などを記入して将来のお金の見通しを立てるのがキャッシュフロー表です。これは、家族単位で作成します。30代であれば、今後20~30年間掛けてどうお金の動きが変化していくのかということを作成します。

 キャッシュフロー表を作成するメリットは、家計の今後の変化の見通し予測を立てることができるということ。いつ(何年後)にどれくらいのお金が必要となるのかを出していきます。例えば、今はまだ小さいお子さんがいらっしゃる場合、何年後に教育費が掛かるのか、その時、家計は黒字なのか、赤字になりそうなのか。

 数年後、家を購入しようか考えているときに、また、老後が不安な方は、老後の生活に必要な金額を算出して、老後の生活が始まるまでにいくら必要になってくるのかを出す、さらにその金額を老後の生活が始まるまでに準備できるかを確認することもできます。

【ステップ2:現状でその見通しは実現できそうなのかを分析する。必要に応じて支出の見直しを!】

 まずは自分の現在の収支の数字をそのまま将来の見通しを立てるためにキャッシュフロー表を作成します。キャッシュフロー表でまずできることは現状把握です。今のままが続いたらどうなるのか。自分が期待している生活ができるのか、夢が夢のままでおわってしまうかもしれないのかが見えてきます。

 キャッシュフロー表作成の目的は、あくまでも計画によって必要な金額を知ることですので、ここで夢を諦めるのはまだ早いです。夢を実現するためにはどうキャッシュフローを修正し、どのように変化を起こせばよいのかを考えればよいのです。まだ30代であれば、いくらでも修正が可能な時期です。そのためにも5年後、10年後、さらにその先に必要なお金を算出すること。無計画に使う、貯める、増やすでは時間もお金も無駄にしてしまうのでだめなのです。

 まず一番簡単かつ長期に渡り効果的なのは支出を見直すことです。特に、固定費(保険料、住宅費用、その他のローン返済)については削減の効果は高いです。

 年間50万円(月4万円ほど)の支出が減らすことができた場合、10年間で500万円、20年間で1000万円の資金が手元に残ることになります。

 さらに、この4万円を積立で運用すれば、年間3%の利回り※で10年後には約560万円(+16.5%)、20年後には1300万円以上(+36.5%)の資産が手にできるのです。

※税金や手数料、途中引き出しなどは考慮していません。

【ステップ3:資産形成を始める・見直す】

 3番目に、お金を貯めたり増やす資産形成を考えます。20代の方と変わりません。

 iDeCo(個人型確定拠出年金)やつみたてNISAといった制度を使って無理なく無駄なく効率的に貯めていくことが基本です。また、会社で企業型確定拠出年金制度があるのに、運用を元本確保型にしていたり、リスクを恐れて債券の比率を高くしていませんか?ぜひ、運用商品の見直しをしてください。

 【運用商品の選び方、見直しの仕方】

キャッシュフロー表からこの先の収入が総額どれくらいになるのかを知る。

 年金の受取見込金額を入れられる人は入れても構いません。この金額は、年齢を重ねれば重ねるほど少なくなります。30代であればまだまだ稼ぐことができるのです。

資産の金額を出す。

 毎月給与振込口座に貯まってきた貯金などはありませんか?家は売却した場合の資産金額で考えますので、買った値段ではなく、売った場合の値段で考えます。固定資産税納税通知書などの数字は低めですから、こういう数字を使ってもよいでしょう。

 運用でどれくらいのリスクを取ることができるのか?を考える

 上で出した数字はあなたの土台となる数字です。この土台がある上で、どれくらいのリスクを取ったら良いのか?を考えます。iDeCoやつみたてNISAの毎月積み立てする金額の範囲でリスクを考えると、怖くなってついつい積み立てていても意味のない商品を選んでしまっています。しかし、ご自身全体のバランスで見てみると、運用商品で多少のリスクをとってもご自身の稼ぐ力すでに手にしている資産があるので、十分許容範囲だった!ということになります。

ファイナンシャルスタイリスト杉山夏子
ファイナンシャルスタイリスト杉山夏子
ご自身で難しいなと思う方は、ぜひ資産形成のためのFP相談をご利用ください。

 30代は仕事では自分のやりたい仕事に充実した日々を送っていたり、今後のキャリアについて考える方もいらっしゃるでしょう。プライベートでは結婚(離婚)やお子さんの誕生などの変化が起こりやすい時期です。今後の人生でお金に困らないためにも、まずはキャッシュフロー表の作成で見える化をし、効率的に資産形成をはじめましょう。