気になる隣の人のお財布事情。みんな貯金はどれくらい持っているの?

10月17日は貯蓄の日。
1952年に日本銀行が「お金を無駄遣いせずに大切にしよう」という思いを込めて定めた記念日です。
 
貯金ってとても不思議です。たくさんある人もいればない人もいる。
面と向かっては聞けませんが、みんな、貯金はどれくらい持っているのでしょう?
 

貯蓄平均1812万円。そんなに持っている人はどれくらいいる?

 
二人以上の世帯の平均の貯蓄は1812万円。
銀行預金、証券会社の残高などかき集めて、こんなに皆さん持っているのか?と驚くかもしれません。
平均というと、それくらい持っている人が多いのだろうと考えてしまいますが、貯金の場合は違います。
 

平均と中央値で違う貯金の額

 
総務省統計局が公開している2017年家計調査年報を見ると、
二人以上の世帯の貯蓄現在高は平均は確かに1812万円ですが、中央値は1074万円です。
平均の1812万円を下回る世帯は全体の約3分の2、貯蓄100万未満の世帯は約1割です。
 
さらに、高齢者などを除いた勤労者世帯だけにすると、平均は1327万円ですが、中央値は792万円になります。
平均は多く持っている人に引っ張られてしまうので、「みんなはどうしているか?」を気にして平均を見ると、
そんなに持っているのかとびっくりすることになります。
 
ご相談に乗っていてもみなさんが平均の1872万円前後ということはまずありませんし
平均の貯蓄残高がある方が平均的な生活をしているかというとそうでもありません。
 

世代別に考える、本当のところどれくらい貯蓄しているの?

金融資産は年代ごとにやはり金額が違ってきます。
40歳未満の貯蓄平均額は533万円です。同時に、住宅ローンなどの負債もまだ多くあり負債残高が1893万円。
60歳以上になると貯蓄は1628万円で負債は885万円ですから、家計の状況は全然違いますね。
しかし、40歳未満の方はまだ賃金など収入を得る時間が長いので負債を返す能力も高いです。
60歳以上で負債885万円を抱えていると、その先の収支のバランスを考えないと持っている
金融資産だけでなく負債がある方は特に、今後の公的年金収入の見通しも立てて老後暮らせるか?早めに確かめることが必要です。
 

貯金を増やすためにできるつみたてNISAの威力

2018年1月開始のつみたてNISAは、20代~40代が口座開設者の約7割でした。
この世代が20年つみたてNISAを続けていくと、20年後には一人あたり800万円プラス運用益がこの貯蓄残高に上乗せされていくことができます。
今の貯蓄に800万がプラスしてあれば何もしない人と比べて、老後の少しの贅沢も許される状況になるでしょう。
 
つみたてNISA、早めに始めた人は10年、20年後に貯まっている金額が変わってきますのでぜひ検討してみましょう。
 
 

お金のセミナーご案内

学校で教えてくれなかったお金の話。みんな自信がないのは一緒です。

☆ 貯め方を覚えたい
☆ NISAやイデコでどうしたら良いの?
☆ お金の相談は誰にすれば良い?
☆ 金融機関の窓口で言われたことを理解できるようになりたい

少人数で資産形成、家計の管理の仕方についてのサロン形式セミナーを青山一丁目で開催しています。

リラックスした雰囲気で、楽しくお金についての知識を身に着けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA