老後の生活に必要なお金


 老後2000万円問題。老後資金はそんなに必要なの?といった声がよく聞かれます。 まずはいくらもらえるのかを知ることから始めましょう。

1. 老後の資産いくら必要?

 昨年の今頃、老後2000万円問題が話題となりました。老後2000万円問題をきっかけにみなさんが老後のお金について少しでも具体的に考えるようになったのかなと普段感じています。

老後資産はいくら準備すればよいの?

老後資金、自分は足りるの?

 不安は不安のままにしておいても仕方がありません。まずはいくらもらえるのかを知ることから始めましょう。

2. 一番確実にもらえるお金・老後の大切な収入は「年金」です

 まずは、公的年金が老後収入の大きな柱になります。公的年金には「国民年金」と「厚生年金」があります。

 国民年金20~60歳まで日本国内に住んでいる方全員が加入するものです。受取金額は毎年発表されます(2020年度は満額で年間781,700円)。収入がない間、学生の間は免除されますし、海外に居住している期間は任意加入となります。加入期間10年以上で65歳になった時にもらう(受給)ことができますが、自営業・フリーランスの人は公的年金は国民年金だけ。40年間支払った人で受取は年約78万円、月額にすると約65,000円です。これでも、10年間で約780万円、20年では約1560万円になりますから、20-60歳までのうちに支払っておいた方がよいお金です。
 2つ目の厚生年金会社員・公務員の方が加入しています。65歳になったら受け取ることができますが、働き続けている場合70歳まで加入可能です。厚生年金被保険者であるうちに支払った金額によって変わってきます。

3. 年金はもらえない?いや、いくらもらえるかが肝心です

 国民基礎年金の一年間の受取金額は20歳から60歳まで40年間支払った場合約78万円(2020年4月現在)でした。では、国民年金と厚生年金を合わせた年金のもらえる見込み金額はいくらになるのでしょうか?

 「ねんきん定期便」か「ねんきんネット」をチェックしてみましょう。

 ねんきん定期便は毎年誕生月に送られてきます。50歳になるまでは、今まで支払った金額から算出された年金受取金額が示されていますから、年金金額が少ないように見えます。
 ねんきんネットは現在の収入から年金受取予想金額を試算することもできます。初期設定すればいつでもログイン可能です。50歳に達していない方はねんきんネットを見て試算する方がより安心できるでしょう。
また、自分で計算することも可能です。

【年収 x 退職までの年数 x 0.005481】

4. 人生100年時代にもらえる予定の年金を知る

 人生100年時代、標準的な年金受取開始年齢である65歳から100歳まで35年間の金額はいくらになるか計算してみましょう。

【年金受取金額 x 35年 = 老後の収入(公的年金部分)】

 例えば、国民年金と厚生年金合わせて年間150万円もらえそうな人は、

200万円 x 35年 = 5250万円

100歳まで生きると、5250万円が公的年金でもらえることになります。

5. ここからは自分次第。公的年金以外にもらえるお金を書き出す!

 100歳までで考えると大きな金額がもらえそうですが、老後に夫婦二人もしくは一人で暮らしていくには公的年金だけでは心もとないのは事実です。そこで、自分年金(私的年金)をしっかり準備しておくことが必要なのです。

自分にどのようなお金が入ってくるか、書き出してみましょう。

  • 退職金(自営業の人は「小規模企業共済」) 
  • 企業年金 
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
  • 国民年金基金
  • 個人年金保険
  • 不動産収入

 それぞれ、自分の受取予定金額がどれくらいになりそうかをリストにしておきましょう。いずれも若いうちから少しずつ自分で準備することができるお金です。準備できていない人は自分ができることから始めましょう。
これで人生100年時代の老後収入見込を立てることができます。

5. 老後資金足りないかも!という時は

 これでも、老後資金が足りないかもしれません。そんな時は収入を増やす方法を考えます。

  • アルバイトやシルバー人材センターなど少しずつ働き続ける
  • 現役時代に少しでも収入を増やして社会保険料を負担してお く

 働き続けることは、その時の健康状態などにもよりますから若いうちからあてにすることはできません。一方で現役時代に収入を増やして厚生年金の金額を増やすことは転職や働き方を正社員からパートに変える場合など人生のターニングポイントで有利な方を選ぶことで将来が劇的に変わってきてしまうケースもあります。

 収入を増やした場合の厚生年金の金額の出し方は

【増える年収 x 退職までの年数 x 0.005481】

 1年の受取金額は少ししか増えないかもしれませんが、公的年金は一生涯もらえるお金です。塵も積もれば山となります。安心して長生きするためにも、受取金額を少しずつ増やしておきましょう。

商品販売なし・初心者向けお金のセミナーご案内

学校で教えてくれなかったお金の話。自分で改善できることが詰まったセミナーです。

☆ 貯め方を覚えたい
☆ NISAやイデコでどうしたら良いの?
☆ お金の相談は誰にすれば良い?
☆ 金融機関の窓口で言われたことを理解できるようになりたい

少人数で資産形成、家計の管理の改善方法についてのサロン形式セミナーをオンラインで開催しています。全国のみならず世界中どこからでも参加できます。

リラックスした雰囲気で、楽しくお金についての知識を学んでみませんか?