自分はiDeCo(イデコ)やった方が良いですか?

企業型確定拠出年金がある会社にお勤めの方で、企業側の規約が変更されていない方は、個人型確定拠出年金は加入できません。それ以外の現在60歳以下の方は

考えている時間がもったいない!

iDeCo、やった方がいいです。

しかし、それ以外にも極めてまれなケースですがiDeCoに向かない人という方もいらっしゃいます。本当にたまーにいらっしゃる程度ですが、どんな方か?を具体的に見てみます。

 iDeCoに向かない人

以下の、全てに当てはまる人はiDeCoをやらないという選択肢もあります。

  • 55歳以上
  • 収入がない
  • 十分な資産がある
  • まとまった金額の退職金をもらった、もらう予定

ひとつひとつ見ていきましょう。

  55歳以上の方

iDeCoは現在、拠出できる期間が60歳までですので積立できる時間が短いです。

収入がない人

iDeCoの節税メリットとして、所得控除があります。所得のない方は所得控除がありませんので、iDeCoの一部に過ぎませんがこのメリットを享受することはできません。

 十分な資産がある方

iDeCoの目的は老後資金を作ることです。一生の生活費に困らない、つまり老後資金が十分に準備できていると計算できる方は、無理にiDeCoをやる必要はありません。

 退職金が十分にある

iDeCoの受取を一時金にすると、「退職所得」として扱われます。これは、過去14年間に受け取った他の退職金(退職所得)と合わせてみますので、退職所得控除が思ったより受けられないということはあります。

すべてが当てはまった方は・・・

iDeCoの拠出はせずに、今ある資産を運用しつつ暮らしていくことも十分考えられます。

すべてが当てはまる方なので、なかなかいないでしょう。逆に言えば、当てはまる方など、極めてまれでiDeCoはすぐに始めた方が良いと言えるのです。

お金のセミナーご案内

学校で教えてくれなかったお金の話。みんな自信がないのは一緒です。

☆ 貯め方を覚えたい
☆ NISAやイデコでどうしたら良いの?
☆ お金の相談は誰にすれば良い?
☆ 金融機関の窓口で言われたことを理解できるようになりたい

少人数で資産形成、家計の管理の仕方についてのサロン形式セミナーを青山一丁目で開催しています。

リラックスした雰囲気で、楽しくお金についての知識を身に着けてみませんか?