つみたてNISAのおすすめポイントは少額!

2018年からつみたてNISAの制度が始まりました。

銀行や郵便局などに行った際に宣伝を目にしたり、説明を受けたりする人も多いでしょう。

つみたてNISAはどういった点がおすすめなのでしょうか?メリットを見ていきましょう。

つみたてNISAの公式キャラクター「つみたてワニーサ」

少額からできる

つみたてNISAは口座ですので、口座の中にお金を入れます。その際「投資信託」という金融商品を買います。投資信託は、株や債券、不動産などにお金を投資し運用します。投資した対象の値上がり利益や配当によって投資信託の価値も上がっていきます。「投資信託」という大きなお財布にみんなでお金を出し合って、お財布の中身が増えるようにファンドマネージャーが運用をしてくれるようになっています。お財布のお金を管理するのは別(信託銀行)ですから、信頼していたのに使い込まれちゃったなどということはありません。

投資というと「怖い」「お金持ちがやること」というイメージが強いですが、今は証券会社で100円から積立で投資信託を買うこともできる時代です。また、カードのポイントやおつりなどで投資信託が買えるようにもなってきています。少額であれば、今の生活や将来の夢を壊す可能性も低くなってきます。それよりも、低金利時代に銀行預金や保険ではなく、投資をすることで資産形成ができることを知ることは重要です。

つみたてNISAは年間40万円が非課税投資枠の上限です。しかも積立の設定を必ずしますので最高でも月平均33,333円の積立になります。無理のない範囲で試してみるのには良い仕組みです。

つみたてNISAは最長20年間なので継続すればメリットは大きくなる

つみたてNISAは年間40万円が非課税投資枠です。年間40万円ですと少ないと感じる人もなかにはいるでしょう。しかし、20年間継続しますので 年間40万円x20年=800万円が最大の投資枠です。これは「枠」であって運用益が入ると、さらに900万円、1000万円と20年後にはお金が増えていることになります。

つみたてNISAはどんな人にメリットがあるか?

今の年齢に20を足して考えてみると。。。

20代の方は40代になって、住宅ローンや教育費のことで頭がいっぱいでしょう。そんな時に、つみたてNISAのお金が生活の足しになってくれるかもしれません。

40代の方は60代になり、「老後生活」が目の前、もしくは真っただ中に。老後資金は収入を得るチャンスも方法も少なくなっている分、取り返しはつきません。今から始めた「つみたてNISA」のお金が老後生活に余裕をもたらしてくれることでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA